WordPressで特定のユーザーだけ固定ページでビジュアルエディタを利用できないようにする


例えば制作業者はHTMLを直接コーディングしたいのでビジュアルリッチエディタを殺しておいて、クライアント側担当者にはWYSIWYGで使ってもらうようなケースに有効。
クライアント側担当者がビジュアルリッチエディタで固定ページのHTMLの記述を開くと崩れる場合があるので注意。

ただまあ、ありがちなのは「会社概要」「沿革」なんかを制作業者が固定ページにHTMLで書いて、クライアントは投稿ページでブログを更新する、なんつうパターンなので、それほど問題にならないかもしれない。

functions.php

//ユーザーhogeだけは固定ページでビジュアルエディタを利用できないようにする
function disable_visual_editor_in_page(){
	global $current_user;
	get_currentuserinfo();
	if($current_user->user_login == 'hoge'){
		global $typenow;
		if( $typenow == 'page' ){
			add_filter('user_can_richedit', 'disable_visual_editor_filter');
		}
	}
}
function disable_visual_editor_filter(){
	return false;
}
add_action( 'load-post.php', 'disable_visual_editor_in_page' );
add_action( 'load-post-new.php', 'disable_visual_editor_in_page' );

お問い合わせ

桶シスへのお問い合わせはこちら。

Close