7/11 iPhone購入→7/13 交換


さて、iPhoneが発売された11日、SABOTEN父さんも10年と1ヶ月間お世話になったauに別れを告げ、iPhone入手に成功。iPhoneについては賛否両論あるが、ここのブログが自分のいいたいことを全部書いている。梅田望夫の本に追加したい金言が満載だ。

http://japan.cnet.com/blog/kenn/2008/07/13/entry_27012223/

「iPhoneはアップル的なデザインの良さからくるマーケティング戦略の成功に過ぎない」と考えている人は、このあたりを根本的に勘違いしています。(中略)真に時代を動かすのは常に「本物の技術革新」であって、マーケティングはその影響力を何倍だかに増幅する手段に過ぎず、本当に良い物を作らなきゃゼロは何倍してもゼロ

iPhoneOSでは、加速度センサーやカメラ、GPS、ローカルのデータベースなど、内部のありとあらゆる機構に一般のアプリケーション開発者がアクセスすることを許しています。開発者の自由度を高めることで、開発者の情熱を引き出す。こういうオープン性がもたらす開発者コミュニティにおける化学反応こそが、官僚的なスーツ主体の組織では絶対に不可能な戦略であり、だからこそ他社が簡単に真似できない決定的なアドバンテージになることを、アップルはMacの経験から知っていました。

さぁ、みなさんもつべこべいわずiPhoneを手に入れましょう。あなたが技術の世界で今後もずっとやっていくつもりなら、歴史の目撃者となる千載一遇のチャンスを見逃したことを、今後数十年にわたって後悔するのはイヤでしょう?

で、iPhoneを1日使ってみてわかったのは、「マイクが壊れてて、自分の声が相手に伝わってない。」ことだった。これくらいで怒るやつは初日にApple製品買うなという神の声を聞き、冷静にソフトバンクショップへ電話したら(iPhoneじゃない別の電話からね)、交換してくれるというので、早速交換してもらいました。

というわけで、iPhone入手3日目にして既に2代目iPhoneです。会社にiPhone専用のWi-Fi環境を立ち上げ、至極快適。

f:id:sbtn:20080714180745j:image

iPhoneでYouTubeを視聴する1歳児

f:id:sbtn:20080714175542j:image

fonでiPhone

お問い合わせ

桶シスへのお問い合わせはこちら。

Close